リョーヨーク・タベルネ

高山のご飯を食べ尽くしていく記録。マイペースに高山の美味しいご飯を探索して紹介していきます!

具を包むは飛騨で獲れた美味しいお米!きよ結びのおむすび達だ!

こんばんは、凌です!

いいお店ないかなと探していたところ、いつも仲良くさせてもらってる方から

高山にはおむすびの専門店があるという情報を教えてもらいました。

 

次の日に早速GO!!

GoogleMAPを頼りにたどり着いたのはこちら。

 

f:id:ryozzz01:20190211185849j:plain

 

きよ結びというおむすび専門店です。

 

最近はコンビニぐらいでしかおむすびを食べる機会がなかったので、お店が見えた瞬間からワクワクが止まりませんでした。

 

入店して今回注文したのは塩むすび、鮭、牛しぐれの3種類のおむすび。

追加で味噌汁も注文。

 

きよ結びは白米と玄米の2種類のお米からおむすびを注文できるのですがこの時玄米は全て売り切れていた為、白米での注文となりました。

 

ちなみに白米と玄米で注文できる具の種類に違いはありません。

 

待つこと10分程で、おむすび達がやってきました。

f:id:ryozzz01:20190211191820j:plain

手前から塩むすび、牛しぐれ、鮭

 

きよ結びでは作り置きはしておらず注文を受けてから作る為、出来立てで温かい状態で食べることができます。

 

お米は「まんま農場」という高山では有名な農場にて獲れたお米を使用しており、

牛しぐれはA5ランク飛騨牛を使用した手作りなのだそうです。

 

f:id:ryozzz01:20190211192555j:plain

3つとも小サイズで注文。食べ比べにはちょうど良いサイズでした。

まんま農場産のお米の特徴なのか、食べた感触が非常にもっちりとしていて甘く感じました。量以上の満腹感を得られるような印象です。

 

鮭と牛しぐれについては具が上にちょこんと乗っているだけのように見えますが、

しっかりと中まで具が詰まっていました!

 

特に牛しぐれはお米と飛騨牛の甘さが絶妙に合わさっていて、食べてみて圧巻の一言。

きよ結びに来たら牛しぐれは絶対に食べてほしい一品です。

 

締めに味噌汁も飲んでほっこり。

 

f:id:ryozzz01:20190211194152j:plain

豆腐が細切れだったのが印象的。

 

店主さん自身の人柄なのか店内の雰囲気はとても温かく、地元の人の中にも根強い

ファンの方がいるように感じました!

 

きよ結びではお持ち帰りもできて観光地の近くに位置しているので地元の方はもちろん、観光客の方も気軽に立ち寄ることができます。

 

心も温かくなるようなおむすびです。ぜひ行ってみてくださいね!

 

[memo]

平均予算:500円

クレジット決済:不可

駐車場:無し

 

[Google MAP]